グルメ&ビューティ トレジャーハンター

コスメ、ダイエット、食べ歩き、我が家のレシピなど。物欲のままに綴る散財日記。
お得なお試し特集


グルメ&ビューティ トレジャーハンター HOME > カテゴリー [新宿食べ歩き ]

ヒレカクの柔らかさに感動! 炭火焼肉「トラジ 新宿店」 

29日は肉の日!ぜひ焼肉を!と思ったのですが、なかなか電話予約するタイミングが…。
色々用事が重なり、お店の営業時間内にできないって事、割と多いですよね。

その点、今回食べに行ったトラジは、ネット予約、しかも当日でも空席があれば時間指定で、その場で予約確定。確認メールも届くので、電話予約と違いメモをとる手間もはぶける。
これは相当便利だなぁと思いました。

お店へ訪れたのは月曜日、歌舞伎町の平日の夜にしてはちょい早め?の七時台。
それでも、すでに6割がた席が埋まっていました。
人気あるんですねー。

まずは人気があるというタン塩を注文。
おお、すごい厚切りだー!



野菜系は、胡瓜とサラダ菜を胡麻風味で味付けたゴマサラダ。
うん、ほどよいボリューム感。



まずは、ビールとタン塩、サラダで乾杯です。



ビールをぐいっと呑みながら、タン塩を焼きます。



裏返すと、いい感じに網の焼き目が。
タン塩でこんなボリュームあるのって、初めて食べた気がします。
この肉質で、1300円はかなりお得なんじゃないでしょうか。



そして更に、初めての来店なんで、人気だというメニューから色々頼んでみました。

手前が名物ヒレカク。
サーロインに並ぶ最高級部位のヒレなんだとか。



そしてヒレカクの反対側から。
大迫力の、ダイヤモンドカットカルビ。こういう肉のカット見ると、思わず野生に返りますw



ヒレカクはぜひ、ベリーレアーで食べてください!とお店の方から告げられ、網にのせた後の美味しい瞬間を逃さないようにしないと!と集中していたせいか、後で気がついたらヒレカクの写真を撮り忘れていました。

しかし、ヒレカクは、こんなに柔らかいなんて!と感動。
しかも、肉(29)の日は、半額キャンペーンをやっていたので、すごくお得に食べられました。最高。

そしてダイヤモンドカットカルビを、どーんと金網へ。



脂がこんがり焼けて、美味そ~なこうばしい香りが!
ハサミでワイルドに、ジョキジョキ切って好きな大きさで頂きます。



あまりにも美味しそうなので、熱さを忘れて、ついついカメラが焼き台に大接近。

厚めの脂と赤身のカットの仕方が絶妙で、カットした部分にたれが入り込んで、口の中に入れたときに食感、味ともに、ほんといい感じに。

チリの赤ワインをグラスで頼んだのですが、この肉々しさにぴったりでした。



すでにこの時点で結構お腹一杯になりかけていたのですが、ほかにも食べたくなり注文してみたのが、和牛生カルビ。上とか特上もあったけれど、このランクでも十分美味しい。



ホルモンは黒味噌だれで。



網にのせるときの、どろーっとしたこの感じ、脂が一気に燃えて火がぶわーっとあがってくるぞーと、わくわく感が沸きあがってくる感がたまりません。



そしてこんがり焼けた味噌!
お腹いっぱい、のはずなのに、食欲を刺激されまくります。



今回は二人でいったので、だいぶ食べたかなという感じだったのですが、メニューを見たらユッケジャン麺の辛うまそうなビジュアルにそそられてしまい、一つ頼むことに。

辛さの中に深ーいうまみがあるスープが、結構後ひく味。
これまた美味い!



今回はトラジの人気メニューばかり注文しましたが、肉のたれも選べたりするので、またたれを変えて楽しんだり、他のメニューも食べてみたくなりました。

席はカウンター、広めのテーブル席、そして個室も席数色々あるみたいなので、ニーズにあわせて選べるのも魅力。またぜひ訪れてみたいと思いました!

トラジ 新宿店

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:焼肉 | 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅

[ 2013/07/30 17:18 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

パーク ブリュワリー 2013 

昨年行って、すっかり虜になってしまった「パーク ブリュワリー」。
今年も7/1から開催されるときき、早速行ってきました!

パーク ブリュワリーは、西新宿のパークハイアット東京の1階「デリカテッセン」で開催される期間限定企画。

「サンクトガーレン」の地ビールが呑める企画なのですが、ただ呑めるだけでなく注目の点は、パークハイアット東京のためだけにつくった、オリジナルビールであること。

しかも、おつまみのセット付き。
2種類のビールは、何杯でもおかわりできるんです!


席の予約ができないので、私たちは開催時間の30分前にお店へ。
席につくと、メニューを頂きました。

昨年はメキシコ系のつまみでしたが、今年はジャーマンスタイルなんですね!



六時になると、まず一杯目のビール「パーク ブリュワリー」が。
7種類のホップを使用したビールとのこと。

ほどよい苦味とキレが、とても暑い日だったので乾いた喉にすーっと染み渡る!感じ!

泡が普段お店で飲むビールよりも多めに注がれているなぁと思ったのですが、唇で泡に触れて納得。
ふんわりとした、きめ細かな泡がすごく美味しいんです。



おつまみは、こんな感じでとてもカラフルで目でも楽しめるスタイル。

しっとりした食感のドイツハムがとても美味でしたが、これはうますぎる!とはまったのが、左上のオバツダクリーム。



一見マヨネーズとパプリカを混ぜたもの?に見えたのですが、チーズやパプリカなどを混ぜ合わせたもので、ほどよく濃い目&スパイシーな味で、ビールにまさにぴったり。

プレッツェルにつけたり、野菜につけたり。
色々な食材につけて、ゆっくりと美味しい時間を過ごしました^^



もう一種類のビール、シトラス アンバーエールも、琥珀色がとってもきれいで美味しかったなぁ~。



今年は、9/16まで開催しているそう。
詳しい内容は、パークハイアット東京のイベント紹介ページをご覧下さいね。


あとそうそう。パークハイアット東京のすぐ近くには、新宿中央公園もあるんですよね。

少し早めに出て公園を散歩して、緑に囲まれてリフレッシュした後、美味しいビールで喉の渇きを癒す、っていう流れも素敵だと思います。

ふたりビア CRAFT BEER for Lovers (東京カレンダーMOOKS)

新品価格
¥980から
(2013/7/12 21:17時点)


[ 2013/07/14 21:55 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

白菜がラーメンにあう!「どうとんぼり神座 新宿歌舞伎町店」 

歌舞伎町あたりでラーメン食べたいなと思ったとき、よく寄るのが天下一品。
時々あのこってりが、ムショーに食べたくなるんですよね~。

その天下一品のすぐ近くに、何年か前にオープンしてから、結構行列ができてる事があり、ずっと気になっていたんだけど、メニューの写真を見て、あっさりした味なのかなーと、こってり味のラーメン好きとしては、入ったことがありませんでした。

しかし、先日、テレビ東京の番組「ありえへん∞世界」で紹介されているのを見て、門外不出のスープに鍵がかけられてたり、社長のラーメンをヒットさせるまでの話を見て、興味を持っていってみる事に。

こちら、おいしいラーメン。名前も見た目もすごくシンプル。



水商売の方が、仕事終わった後に食べるラーメンとして売り込んで始めは大ヒットした、という事ですが、確かに飲んだ後とかにも、これはいいかも。

スープを飲んだ後に、口の中に脂っぽさはあるんだけど、スープのうまみ味わいたさに、れんげがとまらない。
こういうスープって、他ではあまり記憶ない。一度食べると記憶に残る味ですね。

また白菜が結構たっぷり入ってるんですが、これがまたスープとあう。

卓上に辛味のニラがおいてあって、好きなだけトッピングできるので、途中で味の変化を楽しむのも◎。

もうちょっと早くから行っとけばよかったー、と初めて訪れて以来、歌舞伎町でラーメン気分の時によく寄ってます。

どうとんぼり神座 新宿歌舞伎町店

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

[ 2013/06/06 11:06 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

釣り好きな甥っ子が大喜び^^ 「釣船茶屋 ざうお 新宿店」 

週末は、アメリカから遊びに来ていた甥っ子&妹を連れて、「釣船茶屋 ざうお 新宿店」へ。

席は、横が水槽になっている個室、釣り船の上のテーブル席など、用途によって色々使い分けられます。



写真の奥が個室。
水槽の中には、思ってたよりたくさんの魚が泳いでいて、サメもいてびっくり!





私たちは、船の上の席へ。

ipadでいつも釣りのゲームをやっている甥っ子。
魚群を見て、大興奮!早く釣りがやりたくてたまらない様子^^



釣りは船の周り、こんな感じの目線から。
鯛、平目、鯵などをはじめ、結構色々な魚が釣れます。



そんな簡単に連れないでしょ、、、と思ったら、いきなり甥っ子が鯛をゲット!

ちなみに釣った魚をリリースすることはできず、そのまま買い取るルールなので、大きな魚や高い魚がだと、釣ったドキドキもありますが、値段もいくらになるかドキドキします(苦笑)。


釣った魚は、好みの調理法で食べられます。
例えば鯛一匹でも、半分はお刺身、残りは塩焼きという風に、違う食べ方もOK。

鯛のお刺身は、こんな風にキレイに盛り付けられてでてきました。



塩焼きはワイルドに。

ちなみに、鯛は釣った時にフェイスブックで投稿すると、半額になるというサービスを開催していました。



また釣り以外に居酒屋なので、おつまみや寿司なども。
釣りの合間には、握り寿司も頂きました。

醤油は何種類かあって、甘め、普通のなど、好きなので食べられるというこだわり。



こちらは、なんとも大きなつくね。



ランチメニューも色々。
妹は親子丼を注文。

ちょこっと貰いましたが、魚以外も、結構美味しい^^



私はビールを飲みながら刺身をつまんだり、穴子寿司を食べたり。



と、呑んだり食べたりしている間に、また甥っ子が平目を釣ったぁ!



大きな平目は贅沢に、そのまま煮付けに。
結構なボリューム!



日本酒でもちびちびやりながら、煮付けを食べたいねぇと言っているそばから、更に鯵が!
よく釣るなぁ。



鯵はフライにしてもらいました。



こうして釣りだけでもだいぶ楽しんだのですが、更に子供は寿司職人体験も。
制服も貸して頂けるし、店員さんが付き添ってすごく丁寧に教えてくださいます。



しかしよく、ホテルの敷地内にこんな釣りができる居酒屋をつくったなぁ。
予想以上の設備に驚きました。

また印象に残ったのは、店員さんたちが皆さん明るくて、とても丁寧な接客をしてくださること。

予約の電話の時、前日の確認の電話などからも、お客さんに楽しんでもらいたいという気持ちが伝わってきたのですが、いやー、ほんと。行ってよかった。

おかげさまで、とてもいい家族の思い出ができました。
ざうおのスタッフの皆さん、ありがとうございました~♪

釣船茶屋 ざうお 新宿店魚介・海鮮料理 / 都庁前駅南新宿駅新宿駅

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0

[ 2013/05/28 14:38 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

新宿駅構内で人の群れを眺めながら呑む「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」 

新宿駅の構内に、5月10日から期間限定で「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」がオープンしているということで、週末に訪れてみました。



新宿駅西口、地上改札と地下の間のフロアということで、一見「あれ?どこにあるんだっけ?」と思いましたが、大きなエクストラコールドがバーンとはってるので、すぐわかります。



カウンター席からは、改札のすぐ上ということで、こんな風に人の流れが。
反対側のカウンター席からは、JRの改札方面が見えます。

まずは、アサヒスーパードライ エクストラコールドで乾杯っ!



嬉しかったのは、お通し。
アサヒのビール工場で食べて、そのさくさく食感と濃い味にはまってまとめ買いした、「オコゲスタ」じゃないですかー!

海鮮うま塩しか食べた事なかったんですが、このお店ではスイートチリとアンチョビチーズ。
これ、ほんとビールのつまみにぴったり。

ぜひスーパーとかでも売って欲しいなぁ。



つまみもシンプルながら、結構良かったです。
こちらは、トマトにチーズと肉味噌をのせたもの。



更にビールの提供方法でなるほど、と思ったのが、ビニールのグラスをこのように重ねてること。
サイズの違うグラスなので、ぺったり手が内側のグラスにくっつかないようになってるんです。

手の温度が伝わりにくくして、より冷えて美味しい状態で提供するためだそう。
なるほど!



またお料理だけでなく、サービスもきれいなとても感じのよいお姉さんがきびきびと働いていて、楽しくお酒を呑める雰囲気。平日の夜とかは、更に賑わってそうだなぁ。

フロアの席数からしても、スタッフの人数は多めなので、追加注文のオーダーなど、お客さんにストレスなく、サービスが行き届いているように見えました。

週末の夕方中途半端な時間でしたが、カウンター席はほぼ満席でしたが、駅直結でふらっと一人でも気軽に入れるこの雰囲気、すごく気に入りました^^

[ 2013/05/22 09:41 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

週末西新宿散策~紀伊国屋で写真展&ベルク立ち寄り~ 

西新宿に引っ越してきてから、早いものでもうすぐ二年が経ちます。
その間だけでも、近くの古い建物がどんどん壊されて、再開発で変わっていくのに驚いています。

よく散歩で西新宿八丁目、五丁目あたりをふらふら歩くのですが、このあたりにはまだ少しその時代の名残が。


こちらは写真展に向かう途中で、解体中の飛鳥ホテル近くの古いアパートで出会った猫。
手すりに足をかけて、こちらをじいっと見ています。




これらが立ち並ぶ前に写真を撮っておけばよかったなぁ、、、と主人。

我が家ではそんな会話もよくあるのですが、その時代の貴重な風景をおさめた写真展があると聞き、先日紀伊国屋に出掛けてきました。

ベルクで副店長をつとめる、写真家・迫川尚子さんの写真展です。

西新宿のダンボール村をはじめ、西新宿の高層ビル群が建つ前の、まるで新宿とは思えない、下町ののどかな風景が写真に。

そのまま耳を澄ますと、写真から子供が追いかけっこしてはしゃぐような声や、当時の住人の皆さんの息遣いまで聞こえそうだった。


そして更に写真は、新宿西口のダンボール村も。
今歩く歩道になっている、あのあたりです。

ダンボール村、実際に目で見たことがなかったのですが、迫川さんの写真には、今までのマスコミの写真からは伝わってこなかった、住人の生きた表情がたくさんおさめられていて、一つ一つの写真に吸い込まれるように、見入ってしまいました。


どうやって生きていくのか、どうやって死んでいくのか。

自分が住んでいる新宿でのことという事で、色々考えさせられたな。


そして帰りは久々に、ベルクへ。




私は一人でふらっと寄ったり、友人と待ち合わせのためによく利用しているのですが、主人は初だそう。

いつもがやがやしているこの雰囲気、一人でも思い立ったら寄れる気軽さ、美味しいビール&お肉。
やはり、すごく好きなお店だな~と、改めて思いました。またいこう。

新宿ダンボール村: 迫川尚子写真集 1996―1998

新品価格
¥2,100から
(2013/5/21 09:33時点)


[ 2013/05/21 10:23 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

西新宿ランチの人気店。夜も、コスパのよい料理とワインにも大満足。「サラダニース 西新宿4丁目店」 

西新宿近辺は、ランチはそこそこ数があるのですが、夜となるといつも決まったお店にいきがち。
新規開拓にも勇気がいったのですが、ある日の平日の夜西新宿六丁目のほうの「サラダニース」へ足を運んでみる事に。

すると、お通しのめちゃボリュームのあるサラダからはじまり、切り立ての生ハム、安くて美味しいワイン、ピザなど、近くに住んでるのに、なんで今までこなかったんだろーというくらいの満足度でした。

ランチの時は、お店の外まで並んでいるのを良く見かけるのですが、この味で相当ボリュームあるとのこと。
ふむふむ、それではこのあたりのサラリーマンの方々が押し寄せてくるわけですな。


そこで先日も金曜日ふらっといったのですが、金曜日の夜は、十二社通りの割と人気のないところにあるということもあり、だいたい予約で埋まっているとの事。今回も満席。

しかしもう気分は、すっかりサラダニースモードだったので、もう一軒四丁目のお店まで足を運んでみることにしました。

六丁目のお店に比べると、お店も通りを一歩は行ったところで更に分かりづらいし、照明も更に落ち着いた感じ。
8時ころつくと、テーブル席はほぼ満席で忙しそうでしたが、ちょうど席をたったお客さんもあり、お店の方が席をすぐにつくってくださいました。



まず運ばれてきたのは、お通しのサラダ。

普段はトッピングがフライドニンニク、アーモンドチップのいずれかから選べますが、今日はニンニクがすでに売り切れたとのことで、アーモンド。

始めてきたときは、サラダだけでこんなに食べられるかなーと思ったんですが、ドレッシングがあっさりしていて、「あれ、キャベツってこんなに美味しかった?」と、一度食べだすと、とまらないのです。



ワインはボトル2100円で選べて、美味しくてコスパ抜群。
(ドンペリとかカロンセギュールなど、高いのもあります)

ワインも飲みたいと思いつつ、まずはグラスビールで乾杯。



肉の塊から切りたての、生ハム。
ボリュームたっぷり。付け合せのピクルスもうんまい。



メニューは手元にも用意されていますが、旬の食材のメニューが結構いいので、まずは店内の黒板を見てみるのがおすすめ。

サーモンのタルタル、メルバトースト添えを頼んでみました。
小さくもられた前菜をイメージしたのですが、なんだかすごい立派な盛り付けのがきちゃった!



こりゃワインでしょ!ということになり、白か赤か迷ったのですが、次ににんにくのピザを頼むことにしていたので、ピノノワールを。

にんにくがごろごろ入っているピザときき、一切れくらいのってるのかなーと思ったら、予想以上の豪快さ!



でもほくほくした食感がチーズとあわさり、たまらないうまさでした。
またここのピザは、全体が四角くて、生地がすごく薄くて酒のつまみにぴったりなのが魅力。

新宿のごみごみしたところじゃなく、落ち着いた所で大切な人とゆっくり、でも気軽に飲みたいなというとき、このお店をしっていると、すごく重宝すると思います。

サラダニース

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ダイニングバー | 西新宿五丁目駅都庁前駅西新宿駅

[ 2013/05/20 09:46 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

期間限定 サブウェイ「イベリコベーコン&アボカド」 

外食が続いて、野菜不足だなと感じた時によく利用するのがサブウェイ。

野菜だけじゃなく、ベーコンやチキンなど肉類の種類も豊富、野菜のトッピングも好きなものを増やしたり減らしたりできるから、より自分の好きな組み合わせで食べられるのがほんと嬉しい。

先日は、最近の晴れた週末の定番となっているウォーキングに旦那とでかけたので、途中で公園でなんか軽いもの食べようか、と近所のサブウェイへ。

期間限定の「イベリコベーコン&アボカド」にしました。




いくつか買って一緒に袋に入れても安心。
こんな風に、メニューのシールがはってあります。




サブウェイで注文するときの自分の定番は、たまねぎとオリーブ多め、ホットペッパーをトッピング、パンはハニーオーツなんですが、今回はイベリコベーコン&アボカドに、それらを+し、おすすめのドライトマトソースを。

では、包み紙をあけて、、、

まずは一口がぶり。




がっつり入っているイベリコ豚、いい!




一見しつこそうですが、甘みのある脂が美味しくてぺろっといっちゃいました。
アボカドはもう少し量が多いと、アボカド好きとしては嬉しいかな。

またソースにドライトマトソースがあるのは、今回初めて知りましたが、結構濃厚な味で美味しかった。
今度BLTかなんか注文したときにでも、また頼んでみよう!

新生活応援クーポン!4月30日まで

野菜のサブウェイファンサイトファンサイト参加中
[ 2013/04/19 16:12 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

ドトール「ミラノサンド 煮込みハンバーグ」 

午後にちょこっとお腹すいた、でも一食たべたいほどじゃないんだよな…というとき、よく利用するのがドトール。
中でもミラノサンドは、ボリュームも使用されている食材も自分好みのものが多く一番注文します。

先日は、「ミラノサンド 煮込みハンバーグ」を試してきました。

こんな風に食べやすく半分にカットされてます。



寄ってみるとこんな感じ。



お肉はほぐれるような食感にこだわり、うまみたっぷりのハンバーグを香味野菜にフォンドボーの旨みが広がる特製デミグラスで煮込んでいるそう。さらにクレソン、バルサミコ酢でマリネしたオニオン、トマトなどが添えられています。
この添えられた具のバランスが、相乗効果でよりハンバーグの美味しさを引き立ててくれています。

またサンドウィッチというと冷たいものが多いイメージですが、あたたかい食べられるよう、調理方法に工夫がされているというのも、今の寒い季節にはいいなと思いました。

ドトールコーヒーファンサイトファンサイト応援中





[ 2011/12/25 14:46 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)

ドトールコーヒー「ミラノサンド コーンドビーフ 特製サウザンソースとザワークラウト」 

ドトールへ入ったら、ほとんどメニューを見ずにミラノランドを注文する私。
先日は「ミラノサンド コーンドビーフ 特製サウザンソースとザワークラウト」を試してきました。



レタス、スライスしたトマト、キャベツを使用したザワークラウト、そしてコクとうまみのしっかり味わえるコーンドビーフを何層にも重ねた贅沢な味わいのサンドウィッチです。



お肉のボリュームはしっかりありながらも、さっぱりとした味でしつこくないのは赤み比率の高いモモ肉を素材に使用。
さらに爽やかな香味の、特製サウザンソースで味付けされていること。

がっつり食べられながら後味はしつこくなく、また食べたいなぁと思わずにはいられない癖になる味でした。

ドトールコーヒーファンサイトファンサイト応援中




[ 2011/12/25 14:13 ] 新宿食べ歩き | TB(0) | CM(0)
夏に向けてダイエットはじめます。


水素水でアンチエイジング
夏の紫外線ダメージを内側からケア【マスターホワイト】




Basic Calendar
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -